私の中でインターネットでのショッピングは欠かせないものになっています。
宅配便の値上げが人出不足により相次いでいるため、価格帯やサービスを調べてみました。
ヤフーオークションで発送することもあり、値上げはちょっと深刻な問題。

宅配便の値上げ状況として、まず、ヤマト運輸が2017年10月に料金を改定しました。
そして、佐川急便は飛脚宅配便を11月に改定して追随します。
さらに、ゆうぱっくでお馴染みの日本郵便は2018年3月に値上げ予定となります。

値上げは仕方ないと思いますが、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便のどこが一番お得なのでしょうか?

東京〜大阪間の宅配料金

東京〜大阪間の料金をは次のようになります。

1.60サイズ

(1)ゆうパック 840円(30kgまで) → 950円(25kgまで)
(2)宅急便 907円(2kgまで) → 1015円(2kgまで)
(3)飛脚宅配便 864円据え置き(2kgまで)

料金は飛脚宅配便ですが、重量を加味するとゆうパックが優勢か?

2.80サイズ

(1)ゆうパック 1070円(30kgまで) → 1180円(25kgまで)
(2)宅急便 1080円(5kgまで) → 1231円(5kgまで)
(3)飛脚宅配便 1134円据え置き(5kgまで)

料金は飛脚宅配便ですが、重量を加味するとゆうパックが優勢か?

3.100サイズ

(1)ゆうパック 1280円(30kgまで) → 1410円(25kgまで)
(2)宅急便 1296円(10kgまで) → 1469円(10kgまで)
(3)飛脚宅配便 1404円(10kgまで) → 1469円(10kgまで)

4.120サイズ

(1)ゆうパック 1500円(30kgまで) → 1660円(25kgまで)
(2)宅急便 1512円(15kgまで) → 1685円(15kgまで)
(3)飛脚宅配便 1674円(20kgまで) → 1922円(20kgまで)

5.140サイズ

(1)ゆうパック 1720円(30kgまで) → 1910円(25kgまで)
(2)宅急便 1728円(15kgまで) → 1922円(20kgまで)
(3)飛脚宅配便 1674円(20kgまで) → 1922円(20kgまで)

6.160サイズ

(1)ゆうパック 1930円(30kgまで) → 2120円(25kgまで)
(2)宅急便 1944円(25kgまで) → 2138円(25kgまで)
(3)飛脚宅配便 1944円(30kgまで) → 2138円(30kgまで)

7.170サイズ

(1)ゆうパック 2250円(30kgまで) → 2480円(25kgまで)
(2)宅急便 2712円据え置き(30kgまで)
(3)飛脚宅配便 2484円(50kgまで) → 3078円(50kgまで)飛脚ラージサイズ宅配便

まとめ

・ゆうパック:料金設定が割安。どのサイズも25kgまで送ることができる。
・宅配便:割引制度の有効活用がポイント
・飛脚宅配便:小さいサイズは最安値

配達エリアや距離の見直しで値上げ幅の変化はあるかもしれませんが、
多くのサイズでゆうパックが安くなりそうです。

各社の特徴

日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便の各社でもサービスの特徴があるので、まとめてみました。

ゆうぱっく 日本郵便

【発送】
・持込割引:コンビニ、郵便局への持込割引 → 120円引き
・同一宛割引:同一宛先への発送(1年以内) → 60円引き
・WEB決済:WEBで決済して持ち込み → 180円引き

【受け取り】
自宅以外で受け取りをすればポイント獲得ができる:Ponta、dポイント、WAONなど
・郵便局:60P(最初から指定)、10P(再配達で指定)
・コンビニ:5P(最初から指定)
・受取ロッカー(はこぽす):5P(最初から指定)、1P(再配達で指定)

ローソンではクレジットカードと電子マネーで支払うことができ、ポイントが付きます。
クオカードも使用可能。
Ponta、dポイントはつきません。

宅急便 ヤマト運輸

【発送】
・持込割引:コンビニ、直営店への持込割引 → 100円引き
・デジタル割:自宅のPCや直営店の端末で送り状を作成 → 50円引き
・直営店持込割(クロネコメンバーズ限定):上記に加えてさらに50円引き

【受け取り】
宛先を直営店に指定して、受け取れば安くなる
・宅急便センター受取サービス:54円引き

飛脚宅配便 佐川急便

【発送】
・持込割引:100円引き

まとめ

小さいサイズは佐川急便がお得ですが、概ね、ゆうパックが有利な印象を受けました。
ゆうパックはWEBで決済してから、郵便局やコンビニに持ち込むと180円もお得になります。

佐川急便は直営店が少ないのがデメリット。

もっとも賢い活用の仕方は、コンビニ利用でしょう。
とくにゆうパックを扱っているローソンは、クレジットカード、電子マネー、クオカードを使うことができます。
ただし、ポイントカードによるポイントはつきません。

セブンイレブンでも電子マネーやクレジットカードは使えます。

ファミリーマートはクオカードは使えますが、電子マネーは使えません。クレジットカードは「ファミマTカード」のみとやや劣ります。

あくまでも2017年11月10日の状況です。