テニスのガットを変えました。
正確に言うと元に戻しました。

ブラストからポリツアー タフへ。

200mのロールガットを子供と一緒に使っています。
非力しかもガットは「ポリ」なのでプレーして切れることはまずありません。
週2でテニスしたとしても、マルチガットでも3か月〜6か月は持ってしまいます。
なかなか切れなくてイライラしていました。

ポリは一生切れることはないので、約1か月で新しいガットに張り替えています。

ずっと使ってみたかったブラスト。
ブラストバボラのガットの中でも評判がよく、私のテニス仲間でも人気のあるガットです。

使っていくうちにいい感じで緩んできて、ボールに食いつくようになってきます。
ブラストは張りたてよりも2週間後ぐらいが私の中でベストなテンションに仕上がります。


バボラ(Babolat) 硬式テニス ストリング RPMブラスト 120/125/130/135 (200mロール) BA243101 ブラック 125

やっと200m使い切ったので、子供に次はどうする?と聞いたらポリツアータフに戻したいとのこと。
ポリツアーはポリの中でも柔らかい方なので、肘にも優しいですしスピンもよくかかってくれます。
なので、ポリツアーに戻すことは超ウェルカムでした。

ブラストも打ちやすかったのですけどね。

値段はブラストは約14,000円、ポリツアー タフは約11,000円。
ガットの太さは1.25mmです。
ポリツアータフ、お手頃です!


国内未展開モデル ヨネックス ポリツアー タフ (1.25mm) 200Mロール (Yonex POLY TOUR TOUGH)

なぜだかポリツアーはアマゾンでの品揃えが良くないので、楽天市場で購入。
注文してから3日後に届きました。

実際に使ってみると、ポリツアーは私のプレーに合います!
張りたての時からしっくりくる感じで気持ち良い。
ヨネックスのガットはマルチの時から好きなんですよね〜。

テニス仲間の一人は、ポリツアーは張りたてがいいけど、
時間が経つと緩んでくると言うことでブラストを選択。

感じ方や感触は人それぞれ。
ラケットも違いますし、テンションも違います。
子供は張りたてだとコーティングがあって滑る→スピンがかかりにくい、と言います。

私はガットが緩んできて、ボールとガットがくっ付く感触が好き。

ポリで合わなかったのが、4G。
メーカーはLUXILON(ルキシロン)です。
硬くて飛ばなくて、肘に負担がかかります。
一方、友人は4Gサイコーとの評価。
信じられませんが、よく4Gを使いこなせているなぁと。

今は4Gソフトも出ているようですけど、流石にもう使うことはありません。
値段もそこそこ高いですし。。。

LUXILON(ルキシロン) テニス ストリング ガット 4G ROUGH 125 [200mリール] WRZ990144 イエロー

しばらくはポリツアータフを使うことになります。
夏場なので少しだけテンションを高めにして45Pぐらい!

バックハンドストロークで気持ちよくスピンがかかった時がちょうど良い状態です。