ランチでふらっと立ち寄ったラーメン屋さん。

なんと徳島ラーメン。

徳島ラーメンについて無知であったため、
生卵がそのまま出てくるし、スープは茶色だし。

驚きました。

細麺で味は甘く濃い感じ。
麺は硬めにしました。
長浜ラーメンのような細麺。


【新味】【送料無料】【あす楽】【冷凍ラーメン/中華そば】【肉入】徳島ラーメン東大 ウルトラ4食スペシャル【お取り寄せグルメ】※北海道・沖縄・離島は別途送料を  1400円(税込1512円)頂きますごめんなさい!

ウィキペディアで調べてみて、なるほど!と思いましたね。
あまり前ながら、解説通り、徳島ラーメンそのものでした。

徳島ラーメンには大きく分けて「茶系」「黄系」「白系」の3系統がある。戦後まもなく白系が誕生し、後に黄系・茶系と登場したといわれている。
茶系は「黒系」とも呼ばれ、豚骨スープに濃口醤油やたまり醤油で味付けし中細麺を用い、トッピングには豚のバラ肉・ネギ・もやしなどを使い、生卵を乗せるのが特徴である。新横浜ラーメン博物館に出店した「いのたに」がこの茶系だったことから、全国的には単に「徳島ラーメン」と呼んだ場合、概ねこの茶系ラーメンを指す。
黄系は鶏がらや野菜などを使い薄口醤油を加えた薄い色のスープを用いており、ネギやもやし・チャーシューなどを用いる。
白系は豚骨スープに薄口醤油や白醤油などで味付けした、いわゆるとんこつラーメンに近いものである。
いずれもスープの味は濃く、やや強めの甘味があるのが特徴である。なお「徳島ラーメン=生卵」というイメージが全国的には強いが、生卵を入れるのは主に茶系ラーメンで、地元では生卵を入れずに食べる人が多い。また徳島ラーメンは基本的に「ご飯のおかず」として食べるものなので、通常のラーメンに比べて量がやや少なめである。このため、ほとんどの店でライスがメニューにあり、ラーメンを注文した客にライスを無料で提供する店もある。
徳島で豚骨醤油が主流になったひとつの理由として、県内にハム工場(徳島食肉加工場、徳島ハム、後の日本ハム)がありそこで大量の豚骨が出たため、安く簡単に手に入れることができたからと言われている。
「茶系」は徳島県内でも徳島市内および北部に多く見られ、「黄系」は徳島市内に多い。「白系」は「小松島系」とも言われ、主に小松島市を始めとした徳島県南部に多く見られる。
参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/徳島ラーメン

住所:〒211-0025 神奈川県川崎市中原区 中原区 木月 3丁目 13 30
店名:徳島ヌードル ぱどる

未だ訪れたことがない徳島県。
すだちも有名らしいです(勉強不足)。